アミット・チェトリ

  

ヨギ、シンギングボウル・セラピスト。

ヒマラヤ山脈にあるスピリチュアルな国、ネパールに生まれ、幼少から20代までをインドで暮らす。20年以上のヨガ歴があり、小学生の頃から学校の必須科目として、すべてのヨガの流派を習得しました。15歳の時、サッカーのリーグ選手として活躍していましたが、ある日背骨を骨折するという大事故に会い、サッカーを続ける事をできないであろうと医者に言われました。しかしヨガを信じ真剣に従事したおかげで自分の身体能力を取り戻す事ができ、また普通の生活が出来る様になりました。それからヨガを人々に教えたい、その有益な効果を知ってもらいたいと思うようになり、教えはじめました。(現在30代後半)

ハタ・ヨガ、タントラ・ヨガ、瞑想を古代からの正統なやり方で教えています。インドのPIYF(Patanjali International Yoga Foundation)において、ジテンドラ ダス博士に師事。正式なライセンスを取得し、日本においてヨガを教え始めています。タントラ・ヨガは、ネパールのヨギ、プラカシ デュンガナに師事。

その時のインスピレーションで必要なものを感じとり、また皆様の心の思いも感じ、観察し指導致します。生徒のみなさんが自分で理解できる様に、そして精神、感情と身体にとって有益な練習を一生続けていけるように、しっかりと丁寧に指導する事に専念致します。クラスの中でも個々に指導して、出来る限りそれぞれの動きや呼吸の理解を深めてもらえるように手助けして参ります。